More Website Templates @ TemplateMonster.com - August22nd 2011!

歳を取ると転職は不利?

経験を次の会社でも活かせるか


一昔前に比べると、転職をする事は当たり前の時代になりましたが、年齢を気にしてしまって、転職することを諦めているは多いものです。転職は35歳が限界と言う人もいますが、周りを見てみると40代以降でも転職に成功したという人はいます。それなら、30歳を過ぎて転職したいと思った時、一体どんなことがその人の強みになるというのでしょうか。

まず言えることは、それまでの経験を次の会社でも活かせるかという点です。
長い期間経験した業種であったり、同じ職種への転職ならある程度の知識を持っていますし、転職しても比較的円滑に業務にあたることができます。以前の仕事から得たその業種、あるいは職種に関する知識を次の会社へ持ちこむことで、転職先の企業にとってもプラスとなる可能性があります。

2つ目は、社会人経験の中で培った能力を持っているかどうかということです。ここでお伝えする能力とは、先に述べたような、業界などを限定したもののことではなく、具体的にはリーダーシップや、どの業種や職種でも通じるような業務の進め方、トラブルをどう解決するか、などのことです。

ある程度の期間社会人経験を積んでいると、少なからずこれらのスキルを求められるでしょう。こういったスキルを持っている人は、どのような業界でも力を発揮できますし、企業にも貢献することになるので高く評価される対象となります。
当然、ある程度の年齢になっても、スキルアップしたいとか新しいことを習得したいという気持ちも大切ですが、転職先としてはいかほど企業に貢献できるのかに注目していることを覚えておきましょう。
最後に挙げるのは、どのような事態にも柔軟に対応できるかどうかという点です。

転職という自分自身についての変化や、配置換えや待遇の変化、同僚たちとの関わりなど、色んな場面で必要なスキルです。そのような様々な変化に臨機応変に対応することができ、臆することなく未知の分野に挑む気概のある人なら、どのようなところに移ってもきっと活躍できることでしょう。